VOC(揮発性有機化合物)規制の簡易測定に最適なハンディVOCセンサー

サイトマップ
測定器

VOC測定器

設置型VOCモニター

  本器は被検ガスをサンプリングしてVOCを計測する間欠連続モニタ装置です。

  モニタリング間隔は、任意設定(1分以上)が可能で、自動ゼロ点校正・センサ素子寿命判定・データメモリ
  ・濃度アラーム・USB通信機能等を搭載した、現場測定に適した装置です。

  2チャンネル式設置型VOCモニター『VM-08』 は、RTO式VOC処理装置や塗装設備の活性炭式VOC処理装置の
  入口・出口濃度モニターとして利用されています。

 用途・設置場所

 工業用途 (漏洩・プロセス管理)
  * 印刷・塗装・洗浄工程の簡易モニタリング   * 活性炭破過モニタ
  * 水処理プロセスモニタ               * 汚染浄化工程のモニタリングなど
  * 熱交換器・排気ガスのモニタ

 環境汚染 (モニタリング) 
  * 土壌 (工場等跡地)

 石油化学関連 (漏洩チェック)
  * 貯蔵タンク        * SS・ガソリンスタンド      * 埠頭・原ガスモニタ

  VM-03 (1CHセンサーの標準タイプ)

 ・ハンディVOCセンサーの主要な機能をそのまま受継いだ
  ベーシックタイプ
 ・インターバル設定による間欠連続運転
 ・アナログ出力、接点出力標準装備

  VM-08 (2CHセンサーのツインタイプ)

 ・2種類のセンサーは、用途に合わせて
  @〜Bの濃度レンジの中から選択可能
 ・2箇所の同時モニタリングやVOC除去装置の入口・出口
  のモニタリング等に最適

  VM-05 (2CHセンサーの交互切替え式運転による連続測定タイプ)

 ・同じ濃度レンジの2個のセンサーを交互に切替えて間欠運転
  させることにより、1秒間隔での連続出力を可能にしました。
  (試験・研究用)

  プラントでの設置例

  清浄空気等でゼロ点校正をした後(約20秒)、
  サンプルガスを吸引してモニタリング測定します。
  (約10〜30秒)

  測定終了後、清浄空気でクリーニングした後、
  インターバル設定時間待機します。
  (1サイクル:最短で1分程度)